10/22(日) 菊花賞(GI) 予想

土曜競馬。
東京メインの富士S(GIII)ではエアスピネルが復活の快勝!
この馬のファンとしては久々に気持ちいいレースでした。
次のG1も勝ってほしいね。

富士S
単勝¥390ゲット!
馬連ワイドも買ってたけど、そっちは相手抜けて外した。ので、大したプラスにはなってないんだけどね・・・


遡って先週のレース、秋華賞(GI)ではディアドラが夏からの三連勝で戴冠。
名手3名による見応えあるレースでした。
中でもやはり見事だったのはルメール。
直線インに潜り込み、脚を溜めてすんなりと抜け出すレース運び。
テン乗りであそこまで綺麗に勝たせるんだから、有力馬の依頼は皆ルメールに集中するわそりゃ。

今回は重い馬場への対応が問われたレースだったけど、3着モズカッチャン含めてハービンジャー産駒は重馬場強いね。
そういう面も勝ち馬に味方したかと。

対して本命◎リスグラシューはゴール前で勝ち馬の強襲に屈して2着。
ユタカさんは今回完璧な競馬したけどね・・・
あれで勝てないのはキツいわ~。

馬券は単勝馬連ともに外れ。
ルメールとデムーロは馬券で常にマークしておかなきゃダメやね。




それにしても、最近は連日雨が続いて嫌になりますね。
日曜も雨、というか台風接近で馬場は重確実。
レースも荒れるのかどうか。

10月22日(日) 京都メインは
菊花賞(GI)

ダービー1~3着不在。そんな年は私が競馬やってる間で記憶にないな。
今年の3歳世代は序列はともかくダービー上位3頭=世代TOP3だと思っているので、揃って欠席は残念な限りである。

予想

本命◎13.キセキ

15.ダンビュライト

11.サトノクロニクル


『最も強い馬が勝つ』という格言通りなら、今回のメンバーの中では◎キセキだろう。
夏の条件戦での連勝は見事な内容だったし、前走の神戸新聞杯にしても狭い中から伸びて2着確保は悪くなかった。

ただ、不安もないわけではなくて、
・後ろから行く脚質
・状態面

が少々気になる所ではある。
後ろすぎると前の馬を捉えきれない可能性があるのと、前走が陣営誤算の-12kgで上積みがどうか、という点である。
まあしかしその辺は一流のデムーロと角居厩舎。それぞれ信用することにした。


2番手にダンビュライト
好調なユタカさんに期待。
半兄ラブラドライト同様、この馬もステイヤーなのでは?
切れない分、距離延長と重馬場はプラスに働きそう。
道中4,5番手にすんなりつけられれば。


次いでサトノクロニクル
ハーツクライ産駒らしくない京都コースが得意な馬。
京都(2,1,0,0) 2200m(1,1,1,0)
重馬場もこなすだろう。
乗り替わりはデータ上大きなマイナスだが、福永Jならソツなく乗ってくれそう。


馬券は上記3頭の単勝勝負。

他に今回気になるのは枠順の並び。
例年優勝馬が内枠から出ているのは考えるところだが、さすがに今年はどうだろう。
一頭は馬券に絡みそうな気もするけど・・・


IMG_4709.jpg

IMG_4710.jpg

エアスピネルさん@富士S 昨年の菊3着馬

スポンサーサイト

10/15(日) 秋華賞(GI) 予想

どうも、社員旅行から帰ってきて灰になってるマーDです。
風呂と食事はとても良かったけどな・・・

一週間ぶりの更新となるわけだけど、先週の重賞予想は我ながらひどかったですね。
本命が2日続けて着外はちょっと恥ずい。
今週は名誉挽回、ズバリ当てるつもりですよ!


10/15(日) 京都メインは
秋華賞(GI)

3歳牝馬最後の一冠。
春の実績馬のほか、夏に力をつけた新興勢力も加わって混戦ムード。
予想のし甲斐があるレースでしょう。


本命◎7.リスグラシュー

相手は馬連で
1.アエロリット
2.ラビットラン
11.ミリッサ
16.ファンディーナ



混戦を断つ揺るぎなき本命◎はリスグラシュー
阪神JF2着、桜花賞2着、オークス5着。世代トップレベルの馬で最後に確実に伸びてくる末脚は安定感抜群。
前哨戦のローズSは道中のポジションで後手を踏んで、直線でももたつきながらも3着。
馬体重の維持に悩まされる馬で、当然前走は「次」を見据えた仕上げ。
一叩きされた今回、スムーズに進められればローズS上位2頭には負けまい。

相手は4頭。
クイーンSで古馬を蹴散らした3歳マイル女王アエロリット
京都内回りというイメージに反して 差し>先行 という当レース傾向が前走逃げて勝ったこの馬にどうか。

ローズS組から、勝ち馬ラビットラン、京都(3,0,1,0)のミリッサ、京都2戦2勝のファンディーナまで。

基本的にはローズS組中心でいいと思う。
デムルメ両方切りになっちゃったけど、個人的にG1の舞台でのハービンジャー産駒はあまり怖くないかな。


IMG_4603.jpg


この名コンビに幸運を!

毎日王冠撃沈、京都大賞典(GII)予想

ひょええええええ
なんてこったい。
10/8(日) 毎日王冠(GII)リアルスティールが復活のV
さすがミルコ。この日は騎乗4連勝。ノってるときは半端じゃない上手さ。

相手筆頭に指名したのでリアステの好走は納得も、驚いたのがソウルスターリングの凡走8着。
逃げる形になったこと、相手が古馬牡馬一線級だったことは敗因としてあるかもしれないけど、
まさかここまで負けるとはなぁ。
負け方もはっきり言ってよくなくて、自分の見立てだと秋天でもきつそう・・・
名牝になれる器だと思ってただけに、ガッカリ感も大きい。



10/9(月) 京都
京都大賞典(GII) 予想

本命◎2.サウンズオブアース

3.シュヴァルグラン

5.ミッキーロケット
8.トーセンバジル
15.マキシマムドパリ


絶好調デムーロに逆らってみる。
シュヴァルグランは今年の春天で本命にしたほど評価してる馬だけど、昨年の日経新春杯のレースがこの馬にしてはイマイチだったんだよね。
同じ京都でも2400mではパフォ落ちる気もしている。

逆転に期待が『最強の2勝馬』サウンズオブアース
人馬ともに京都は得意。横典マジック炸裂に期待だ。

三連馬券の相手にミッキーロケット、トーセンバジル、マキシマムドパリ。
当然かもしれんが7歳馬の当レースでの好走は少ない。若い馬を選んだ。


日曜の負け分取り戻させてくれノリさんっ!!



10/8(日) 毎日王冠(GII) 予想

新馬勝ちしたシルクのアルモニカキャンディケイン、どちらも良い馬ですね。
小さすぎるとか立ち繋ぎとか気になる点があって見送った馬たちだけど、失敗だったな。
高い馬が走ろうと当然というか別になんとも思わないんだけど、こういう安~中価格帯で走る馬を見逃すとちょっと凹むね。
うちのお馬さんたちも来月から走りだすので、それぞれがんばってもらいたい。



先週の競馬。
国内外で一番人気馬が支持に応えて完勝。
スプリンターズSではレッドファルクスが測ったようにゴール前で差し切り勝ち。
連覇はないだろうと予想では書いたけど、ちょっと舐めてたかな。自分が思ったよりずっと強かった。
◎メラグラーナは最後方あたりから大外回して7着。
レッドファルクスより後ろはないだろう・・・
戸崎って年々下手糞になってない? こんな騎手じゃなかった気がするんだけどな。

凱旋門賞エネイブルがあっさり突き抜けて優勝。
強い。強すぎる。
オブライエン勢が周囲でプレッシャーかけに行ってて楽な展開ではなかったはずだが、終わってみれば楽勝の形だった。
脱帽だ。


ということで、先週は残念無念な馬券結果だったけど、まあそんな日もあるさ。

気を取り直して今週から東京・京都開催。
予想いきましょう。


10月8日(日) 東京メインは
毎日王冠(GII)


本命◎1.ソウルスターリング

8.リアルスティール
3.ダイワキャグニー


秋天に向けて好メンバーが揃った印象。
その中でも最も注目は◎ソウルスターリングだろう。
超ハイレベルな3歳牝馬の総大将。
とにかく隙がないパーフェクトな競馬をする馬で、ひょっとしたら♂含めて世代最強かもしれない。

スピードある馬で、オークス(2400m)が不安視されたくらいだから、今回の舞台にまったく不安はないだろう。
年上の男馬を一蹴期待だ。


相手筆頭はリアルスティール
1800~2000mあたりがベスト。ミルコ騎乗も〇
昨年でJCは距離的に無理なことがわかったから、陣営も秋天メイチで来るはず。
そうなるとここも8割くらいは仕上げてくるんじゃないかな。

穴で3歳ダイワキャグニー
プリンシパルSのパフォが良かった馬。東京は走る。


スローペースからの前残り展開を想定している。
馬券は◎単勝厚めで、あとはおまけ程度に。


IMG_4354.jpg

さて、女傑の秋初戦。どんな競馬を見せるか、どんな競馬で魅せるか。楽しみだ。




10/1(日) スプリンターズS(GI)&凱旋門賞(GI)予想

そろそろ車の免許の更新に行かなきゃいけない。
めんどくせえ。
もう何年も運転してないゴールドなペーパードライバーだけど、身分証明書として免許証は使うから仕方ないね。



さあさあ10月突入、競馬は秋のG1へ。
秋に入って馬券の調子も徐々に上がってきたので、先週の神戸新聞杯に続いて的中といきたいですね。
予想参りましょう。

10月1日(日)は
中山 スプリンターズS(GI)


G1馬が5頭参戦も主役不在のザ・クソメンバー。
この路線は走る度に勝ち馬が変わる相変わらずの混沌具合である。
そんな難しい戦況なので、予想は馬の順調さを重視した。


本命◎9.メラグラーナ

8.レッドファルクス
6.ワンスインナムーン
11.モンドキャンノ


本命◎はメラグラーナ
中山1200は3戦全勝のコース巧者。
このレースで毎年のように馬券に絡む牝馬。
セントウルS(上がり最速4着)を叩いてここに参戦と、データ上プラスな点が多い。

鞍上の戸崎もリーディングのくせに秋G1でこれといった有力なお手馬がいない状況だけに、
ここは力が入る一戦だろう。
2年前にストレイトガールで勝っているレース。いつもは信用してないがここは信用している。


相手筆頭は前年覇者レッドファルクス
昨年のCBC賞以来、国内で4着以下なしの安定感。鉄砲実績ありで間隔空く点も問題なし。
鞍上のデムーロ込みで怖い。
が、このスプリンターズSを連覇した馬は歴史上2頭だけ。サクラバクシンオーとロードカナロアのみだ。
ファルクスがこの馬たちに並ぶ器かと考えたとき、自分はNOだと考えた。
相手評価が妥当だろう。



あとは穴っぽいところで2頭。
連勝中の4歳牝馬ワンスインナムーンと、短距離王国安田厩舎が送り出すモンドキャンノ
モンドキャンノはわざわざ池添が乗りに来る点も怪しい。



※おまけ

フランス 凱旋門賞(GI)

同日23:05出走。こちらも買う予定。
昨年はファウンド単勝的中
ポストポンドやマカヒキが人気する中おいしい馬券でしたね。

今年は連勝中の3歳牝馬エネイブルが断然人気の主役か。

予想は

18.ウィンター

14.ブラムト

※番号は馬番。


日本でのオッズがどうなるか読めんなあ。3、4人気くらいか?
本命◎ウィンター。こちらも3歳牝馬。
世界一の名手ムーアの連覇に期待だ。
5頭を送り込むオブライエン厩舎のチームプレーにも注目。

地元フランスのブラムトが対抗。
前走は出遅れて初めて崩れたが、仏ダービー含めたそこまでの連勝は無視できない。


以上2頭の単勝で勝負。
エネイブルが勝ったら仕方ないね。

サトノダイヤモンドは・・・まあ無事にレース終えて帰ってくればいいのでは。

プロフィール

マーD

Author:マーD
少年の心を持ち続けるアラサー社会人。馬券師ときどき会社員

好きな現役馬:
<調整中>


馬選びの基準は血統、馬体、厩舎。

出資馬:
フェイマスエンド(11年産)
フィアマロッサ(14年産)
マンボビート(14年産)
ローブレガリア(15年産)

<引退>
ムーンスケイプ(10年産)
ステラグランデ(12年産)
ヴィクトリーコード(12年産)





競馬 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スカウター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR