fc2ブログ

一歩前進

近況で変化のあった2歳馬の話をしよう。

愛馬ヴィクトリーコード(クロースシークレットの12)

~これまでのあらすじ~

調教の動きがいいということで、札幌デビューを目指して5月に入厩。

が、入厩後に一週間もしないうちに脚部不安発生。

すぐに治らないとのことで、北海道に逆戻り。
見たことないような症状、原因不明とのことで、そこから先はひたすら良化を待ちながらウォーキングマシン調整でした。

~~~~~~~~~~~~~~~


正直、自分はもうこれは(競走馬として)ダメだと思いました。
たぶん治らないまま引っ張られて維持費だけ取られるんだなーと。

そんなネガティブ思考だったんですが、9月に入って僅かながら進展が。


調教内容:フラットワーク、周回馬場でハロン24秒~25秒のキャンター

>フラットワークの調整でだいぶ歩様が良化してきたので、今週から周回馬場で軽いハッキングを乗り始めています。


公式、担当者より。

どうやら乗り運動ができるくらいには回復したみたいです。

ひょっとしたら、ひょっとしたらこのまま順調に行ってデビューできるかもしれない。
来年の年明けくらいに走れるのならばOK。まだ色々な夢が見れる。

能力的にはいいものを持ってると勝手に思ってるので、ここから軌道に乗ってもらいたいな。




この馬に対する今後の対応で、私がシルクを長く続けられるかどうかが決まるので
「やっぱりダメでした」なんてオチはやめてもらいたいですね。

スポンサーサイト



やっちまったかな

先週に入厩した2歳愛馬ヴィクトリーコード、状態に早くも暗雲。

左トモに違和感が出て調教進まず。


うん、夏デビューはないなこれは。
何もなければそれが一番いいけど、おそらく骨折か何かしてるだろうから、さっさと牧場送って手術してほしい。
軽度ならギリギリ年内に走れるだろう。


来週には詳細がわかるだろうから、大竹さんへの文句はそのときに書こう。
しかし2歳の2頭が揃って遅れそうなので、これでしばらくは稼働馬がエンド一頭だなー。これは正直テンション↓↓

ヴィクトリーロード

今年の2歳馬が続々と入厩し始めている。
昨年と違って順調な馬が多いのだろう、シルクも今年は始動が早い。

我が出資馬ヴィクトリーコードもそのうちの一頭で、私のように近日入厩コメントに釣られたのか残口が120以下となった。

そして最後のダメ押しとばかりに、突発的な販促コメントまで出てきた。



大竹正博調教師「ノーザンファーム空港まで頻繁に見に行っていましたが、一つ一つ確実にクリアしながらステップアップしている調整過程には好感が持てますね。馬体重は400㎏そこそこと小柄なのですが、走りのバランスは大変良いですし、前向きさもあり競馬まで時間は掛からないと思います。牧場の担当者によると、同じウォーエンブレム産駒のローブティサージュに雰囲気が良く似ているようです。せっかくG1馬に似ていると言われているのですから、私もローブティサージュのローテーションや番組選択を参考にして、進めていきたいと思っています


以上がヴィクトリーコードのコメ。

面白い。読んでて楽しいね。

実際はそう上手くいかない気もするんだけど、こうやってこの時期に目標やビジョンが見えてる馬、それに向けてやっていく厩舎スタッフ。いいですね。



『目指せローブティサージュ』

POG誌によると、デビュー戦もローブ意識して函館芝1800らしい。大竹先生、ノリノリである。

夏はエンドと2頭体制で楽しめそう。

今年は北海道行こうかな。



ヴィクトリーコードについて語ろう

先日出資したヴィクトリーコード(クロースシークレットの12)について思う存分語ろう。


まずは最新の近況から。シルク公式HPより↓


在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター2本、残りの日は周回ダートコースでスローキャンター2,500m
次走予定:再来週に美浦・大竹正博厩舎へ入厩予定

担当者「大竹先生と打ち合わせた結果、暖かくなってからの良化が著しいこともあり、再来週に入厩することが決まりました。入厩に向けて負荷を強めていますが、抜群の手応えで登坂していますし、ストライドが大きくなってきたように、持ち前のバネのある動きにさらに磨きが掛かってきましたね。同じウォーエンブレム産駒のローブティサージュに雰囲気が似てきたと思います。早めに1つ勝たせて、ファンタジーSから阪神JFという路線を歩んでもらいたいですね。馬体重は408㎏です」





目立つように赤字で下線付けたぞー(笑)

なんというセールストーク。

でも、こういう大きな発言、嫌いじゃないんだなー。本当にこうなると最高だけどね。




・馬体

細いけどパーツ各部はしっかりしているので、ひ弱な印象はない。
全体的なバランスというかラインが非常に好みで、毛色も含めて見てて綺麗だと思う。顔も好き。

動画では走るフォームが綺麗。
そうですね、一言でいうと「綺麗な馬」




・血統

ウォーエンブレム×クロースシークレット

父ウォーエンブレムは産駒が少ないながら高い勝ち上がり率。
ブラックエンブレム、ローブティサージュと、牝馬でGⅠ馬も排出。


個人的な話として、シルクに入って良かったことの一つが
ウォーエンブレムが好きになれたこと。

以前は何とも思ってなかったのですが、ローブやインプロの走りや激しい気性に惚れましたね(笑)
本馬がどんな性格かはまだわからないですが、負けん気がレースでプラスになってくれれば。



母はstorm cat産駒のクロースシークレット。

第1仔ヒドゥンブレイド(父シンクリ)は勝ち上がって上のクラスでも好走。2勝目も時間の問題でしょう。
第2仔ギャラクシーエクス(父アルデバラン)は現時点で未勝利ながら2着はあって、坂路でも好時計バンバン出すスピード馬なのでこれも勝ち上がりは確実でしょう。

こう見ると、母の繁殖ポテンシャルは高いんじゃないかと思う。
配合相手次第でもっと走れる馬を出すんじゃないでしょうか。
今回は初の牝馬に出たのがどうなるか楽しみですね。

近親にはダートで良績ある馬ばかりだけど、本馬は芝での走りにも期待している。



父ウォーエンブレム×母父storm cat はサンプルがないけど、ウォーエンブレムってパワー型の種牡馬なので、母系からスピード補ってるのは悪くないと思う。


イメージは切れるというより、スピードの持続で押し切るような競馬。
小さい馬体で泥臭いレースを見せてくれることを期待します。




シルクの募集馬検討動画で誰かが「エアパスカルに似ている」と言ってたけど、
たしかにあの馬も小柄なウォーエン牝馬、母系にはstorm catも入ってるし、共通点はありますね。




・大竹厩舎

超が付くほど慎重な厩舎 というイメージ。
それだけに仕事は丁寧だと思うし、早い時期での入厩にはそれなりの手応えあってのものと見ている。
目標がとにかく怪我なくという厩舎だし、勝ち上がれば長く楽しめるんじゃないだろうか。

あまり大切にしすぎてレース使わないってのは勘弁ですがねー。




・この馬に望むこと

桜花賞出走

早い段階で2勝して行こう、桜の舞台へ。今の時期だから好き勝手言ってもいいよね(笑)

あと、思いがけないところで激走したり大穴空けたりというようなビックリする走りにも期待している。




最後に、名前もいいよね。

ヴィクトリーコード

「名は体を表す」って言葉があるけど、とても縁起の良い名前。
「勝利」の2文字を背負って、これで勝てないってことはないだろう!
命名者の方には感謝しております。




ああー長く書きました。これで本馬がどんな走りを見せてくれるのか。あとはデビューの日が楽しみです。


03 | 2024/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

マーD

Author:マーD
細々と一口馬主を続ける30代社会人。馬券師ときどき会社員

好きな現役馬:
ダノンベルーガ
ソダシ
ダノンスコーピオン
ボルドグフーシュ


馬選びの基準は血統、馬体、厩舎。

出資馬(現役):
セラフィナイト(18年産)
グランテレーズ(21年産)

<引退>
フェイマスエンドほか





競馬 ブログランキングへ

最新記事
amazon
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スカウター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる