fc2ブログ

4月30日(日) 天皇賞春(G1)予想

自分は年間通して体調悪くなることが少ない健康人間なのだけど、珍しく風邪をひいている。
喉を痛めているのだけど、年をとると回復が遅くて困るね。早く治したいわ。

あっという間に4月も終わり。日曜は京都で天皇賞(春)
ここからまた連続GI開催で競馬ファンには楽しい季節の始まりです。
予想いってみよう。


4月30日(日)


京都 天皇賞(春)(GI)


本命◎3.タイトルホルダー

13.ボルドグフーシュ

1.ジャスティンパレス
7.ディープボンド
12.ブレークアップ
14.マテンロウレオ



本命◎は昨年の覇者タイトルホルダー
阪神から京都へのコース替わりが一つのテーマだが、昨年の宝塚記念見ても速い時計で押し切れる馬だからなぁ。あまり問題なさそう。
先週は外差しも決まってた新装京都芝だけど、長距離では外回すより距離損なく内を通った方が有利に決まってる。
強い馬は強いってところを見せてほしいね。


対抗〇はボルドグフーシュ
逆転あるならこの馬。自分の中ではもう1頭の本命馬というかんじ。
前走の阪神大賞典はこの馬の不得意な道中ドスローからの直線だけ勝負というレースだったのだけど、そんな中で前半からポジション取ってきっちり2着にまとめてきた。
結構叩かれていたけど、個人的には本番に向けて好内容だったと思ってる。
ペース上がって消耗戦、底力勝負になった方が良さが出る馬。今回の方が間違いなく前走より条件はいい。
頭の馬券も買っておく。


以下、相手に4頭。
阪神大賞典を快勝したジャスティンパレスは、どちらかというとスローの方が良さが出るだけにボルドグとは逆に今回条件が厳しくなる。
京都自体は合いそうなのと、枠と騎手はこの上ないのでさすがに切ることはできないが。ただ前走は本命にしたけど今回勝つイメージはないかな。
いつも外枠引くディープボンドが珍しく今回は内目の枠。近走はさすがに年齢からズブさがでてすぐに反応できないところがあるが、スタミナはあるし春天はリピーターレースなので押さえには。
ブレークアップは前走が終い良い脚で3着。一応の距離適性は見せた。東京が得意な馬で長い直線は歓迎。京都替わりがプラスに出れば。
前走の大阪杯では好内容の4着でGIでも戦っていける手ごたえを得たマテンロウレオ。一気の距離延長がポイントだがハーツクライ産駒なら対応できていい。長距離の横山典さんは魅力で、あっといわせるレースをするかもしれん。


※おまけ
東京11R スイートピーS(L)

7.アグラシアド
13.ウヴァロヴァイト
5.アリスヴェリテ
8.メランポジューム
10.エリダヌス

オークス行き最終便。本番に行ってもというような大物感ある馬は残念ながらいないが・・・
連勝で勢いに乗るアグラシアドに期待。前走は道悪で勝ったが、リアルスティール産駒で道悪専門のイメージはない。
ほとんどが1勝馬同士の組み合わせで2勝しているのは信頼できる。
東京にこだわり使い続けているウヴァロヴァイトが2番手。こちらはサトノクラウン産駒だ。



単勝・複勝ランキング


スポンサーサイト



theme : 中央競馬(JRA)予想
genre : ギャンブル

鞍上募集中

なかなか上手くいかんね。
愛馬セラフィナイト、日曜のレース結果報告。
4月23日(日) 東京9R 石和特別 (混) 芝1800mに出走し、5着でした。

スタート後に行き脚つかずポジション後ろに。
スローペースの中、そこから道中も挽回できずそのまま直線へ。外に出してメンバー2位の脚を使っても掲示板まで。


スタート後に上手く行き脚が付かず、考えていたよりも後ろからの競馬になってしまいました。
東京の開幕週の馬場でヨーイドンの競馬となってしまいましたし、最後は決め手の差が出てしまった印象です



コメントは宮田師より。シルク公式から一部抜粋。



0423セラフィナイト

スタートして数秒でこんな↑形になって、その時点で自分はオワタ\(^o^)/と思った。
パトロールビデオ見るとこの後は前も外も壁で、セラフィナイトは行きたがって頭振ってる状態。
枠の並びも悪かったな。

菅原騎手はこの日重賞も勝って悪い騎手ではないと思うのだけど、この一戦だけ見ると〇山となんら変わらなかったな。
マーカンド騎手の時もバシュロ騎手の時も、実はスタート後に遅れ気味なので、そこは乗り役がカバーしなきゃいかんのよね。
上記二人は道中のリカバーが上手いからなんとかなったけど、それ以外の騎手が乗る時は「何がなんでも前行け」くらいの指示しなきゃダメなのかもしれん。
以前、競馬ラボで戸崎騎手がセラフィナイトについて「乗り難しい馬ではない」とコメントしていたけど、まあここまでの成績とレース内容見るに乗り役は選ぶ馬なんだよな。
誰か国内で合う騎手おらんかね。宮田さんもそこは感じてるから今お試しで色んな騎手乗せてるんだろうと思うが・・・

あとはまあ、何度も開幕週に出してくるけど合わんねセラフィナイトには。
宮田さんも好きで出してるんだから開幕週の馬場を敗因に挙げるなよと言いたい。
イメージ的には開催後半の中山とかの方がよっぽど合いそうだけどな。

何もなければ当然続戦は視野に入れてるだろうから、切り替えて次に期待する。最近は使って2戦目の方が成績いいし。
オークス週の調布特別かな。そこなら騎手は集まるから、いい人手配してほしい。



一口馬主ランキング

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

4月23日(日) マイラーズC(G2)&フローラS(G2)予想

先週の皐月賞は難しかった。
馬場を含めてかなり特殊なレースになってしまった印象。
◎ベラジオオペラはグラニットの作ったハイペースになぜか積極的についていき、4コーナーではもう余力なく撃沈10着。
田辺って「変人」なんだよな。おかしなレースが綺麗にハマることもたまにあるんだけど、こういう結果になることの方が多い。買いにくい騎手だわ。
前述の通りかなり特殊なレースになったと思ってるから、自分はダービーに向けてこの結果は鵜呑みにしないつもり。
ダービーはガラッと結果変わるかもしれないよ。


さて今週は連続GI開催の谷間週。東西GII、予想参ります。



4月23日(日)

京都 マイラーズC(GII)


本命◎3.ジャスティンスカイ

相手
8.マテンロウオリオン
10.シュネルマイスター
12.キングエルメス
15.ソウルラッシュ




結構迷った。普通ならこのメンバーであればGI馬のシュネルマイスターを中心にするべきなんだけど、ただどうも稽古の様子が良くなさそうなんだよな。
近走は不利被ったレースもあったにしても、それがなければ突き抜けてたとまではいえないレース内容で、3歳時に比べるとパンチがない。
今回は相手評価にとどめる。
本命◎はジャスティンスカイ
格では見劣るが、昨年はこの馬と同じく3連勝していたソウルラッシュがV。
マイル3戦3勝、ここも勢いで突破できるメンバー、レースと考える。
近3戦全て上がり33秒台で平坦京都の決め手勝負は合いそう。
開幕週で内枠有利だろうし、1600mの川田先生も信用できる。

相手に4頭。前述シュネルマイスターに、コースは違えど昨年の当レース覇者ソウルラッシュ、復調気配あるマテンロウオリオンに、すんなり単騎逃げが叶えば展開の恩恵ありそうなキングエルメスまで。



東京 フローラS(GII)


本命◎14.イングランドアイズ

相手
2.ソーダズリング
4.クイーンオブソウル
6.キミノナハマリア
11.ドゥムーラン



本命◎はイングランドアイズ
前走のクイーンCでも本命にしていたのだが、スタート遅れたうえに直線ではスムーズに捌けず。それでいて4着と、上位馬にまったく見劣りしない内容だった。
外枠は少々しんどいが、初戦で2000mをこなしており距離延長は問題なし。
母ヌーヴォレコルトは好きだった馬。オークス親子制覇を目指して、ここはいい内容で勝ってもらいたい。

相手は4頭。
2戦メンバー最速の脚を使ったソーダズリング。マジックキャッスル半妹で血統的魅力も十分。
リステッド競走2戦で好走しているクイーンオブソウル、騎手が謎だが唯一の2勝馬キミノナハマリア、1戦1勝でわからないことも多いがサンデーR×レーンのドゥムーランまで。



単勝・複勝ランキング

theme : 中央競馬(JRA)予想
genre : ギャンブル

さあ、君のターンだ

久々の一口馬主記事。
愛馬セラフィナイト、日曜の出走確定しました。


セラフィナイト
4月23日(日) 東京9R 石和特別 (混) 芝1800m 8頭 菅原明良


野 中 美南W良 84.5 - 67.9 - 52.5 - 38.0 - 26.4 - 11.6 位置[6] 馬ナリ
グラティアス(古オープン)馬ナリの外1.1秒先行同入


上がり重点とは言え、長めから時計を出して終いのキレは良かったですし、これなら今週良いレースを見せられそうですね。
開幕週の東京ですからあまり後ろからでも届かないと思いますので、今回も前走と同様に好位辺りを取って欲しいと、菅原明良騎手にリクエストしておきたいと思います



コメントは宮田師より。シルク公式から一部抜粋。


そういえば、少し前にシルクのHPがリニューアルされて一口馬主としての記録や愛馬に関するデータなど色々なことが見られるようになった。これがなかなか面白い。

セラフィナイト馬体重推移

セラフィナイトの馬体重推移である。
パドックで見たとき、3歳の頃よりかなりガッチリしてきたと思ったが、こうして数字上でも目に見えて成長しているのがわかる。

さて、前走後は予定通り中山開催をパスして今週からの東京開催を目標にしてきた。
また開幕週かよと思いつつも、8頭立て少頭数は大歓迎である。
メンバーレベルは前走の方が高かった。今回は相手がどうこうでなく、セラフィナイトが自身の好走の型に持ち込めるかどうか、そこだけだと思ってる。
今回前へ行くと明確にわかるのはダノンソフィアくらいで、スローになるのは見え見えなメンバー構成。
菅原騎手には逃げてもいいくらいの気持ちでスタートからしっかり出していってもらいたい。
序盤のポジション取りがカギだろうな。乗れる若手ジョッキーだし、好騎乗を見たいところ。

それにしてもnetkeibaなどでつっこまれまくってるのを知ってか知らずか、今回の宮田師はコメントに隙がないな(笑)
偉そうな言い方で申し訳ないが、これも成長だろうか。

チャンスは大きいと思うし、今の3歳と一緒に走ることになる前にこのクラスはここで勝ち上がっておきたいね。



一口馬主ランキング


theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

4月16日(日) 皐月賞(G1)予想

大阪杯、桜花賞と2週連続的中。
大きなヒットを出せていないことは不満だが、今週は人気割れて大混戦の皐月賞。配当も高くなりそうだ。
3週連続的中へ、予想参ります。



4月16日(日)
中山 皐月賞(GI)


本命◎15.ベラジオオペラ

9.ホウオウビスケッツ

5.フリームファクシ
7.ファントムシーフ
14.タスティエーラ



本命については迷いなし、3戦3勝◎ベラジオオペラ
小粒なこの世代の中じゃ1頭モノが違うと思うけどな。
とにかくスロー前残りの凡戦が多いこの世代で、スプリングSだけはペース流れて底力勝負になった。
今年のスプリングSは内容的に皐月賞に近いレースになって、そこを完勝したこの馬は文句なしに強い。
あと、シンプルに走りがいいよこの馬。走る馬特有のフットワーク。
2走前のセントポーリア賞を東京競馬場で初めて見て「あ、全然違うな」と思った。
不利なくスムーズに回ってきてほしいね。

対抗2番手はホウオウビスケッツ
ファントムシーフを2番手評価にしようと思ったこともあったのだけど、改めてスプリングSを見るとこの馬も強いレースしてるんだよな。
決して前有利な流れでない中、番手から最後まで粘って2着している。相手がベラジオオペラでなかったら…といったところだろう。
東京2000mでも押し切る先行力が魅力で、前行く馬ではこの馬が一番強いと思う。後ろが差せないような流れになれば。

以下、相手に3頭。
3連勝フリームファクシは前走でオープンファイアごときに詰め寄られたレース内容が不満。ただ、レーンなら違った面を見れるかもしれないし、早くに賞金加算してじっくりここに向けて調整できた点はプラス。厩舎も早々に2歳GI馬のドルチェモアを引っ込めたあたり、この馬に対する期待は大きいのだろう。
先ほど少し触れたファントムシーフはレースセンス抜群で大きな欠点がないのが強み。ただ、一連のレースはどれもインパクトがないんだよな。GI級かと問われると、多くの人は首を傾げるのでは? クラシックで結果の出ないハービンジャー産駒を信用しすぎるのも・・・
弥生賞を完勝したタスティエーラもマーク。ただ、この馬もインパクトに欠けるわな。だから前日5,6人気程度なのだろう。
堀厩舎にしては珍しく共同通信杯→弥生賞と短い間隔でレース使ってきて、そこから今回上積みがあるかといえば?


昨年のホープフルSをはじめこの世代はガッカリな内容のレースが多いんで、強い馬が強い勝ち方するレースを見たいけどな。



※おまけ
阪神11R アンタレスS(GIII)

7.ケイアイパープル
9.ヴァンヤール
11.キングズソード
12.プロミストウォリア

プロミストウォリアの前走は強い内容だったけど、前走から間隔空いて59kg背負う馬を1倍台で買おうとは自分は思わんな。勝たれたら仕方ないでいい。
◎は前走でハギノアレグリアスと互角に走ったケイアイパープル。狭い内を突いたレース内容にも味があり、7歳のここにきて進化した?と思えるほど。
差し脚堅実なヴァンヤールが2番手。



単勝・複勝ランキング

theme : 中央競馬(JRA)予想
genre : ギャンブル

桜花賞、的中

いやぁ、リバティアイランド強すぎ・・・

4月9日(日)
阪神 桜花賞(GI)

1着◎3.リバティアイランド
2着△9.コナコースト
3着 14.ペリファーニア


2023桜花賞


馬単&馬連的中!
ちょっとシンリョクカ絡みの馬券買いすぎちゃった反省はあるけどね。
それでもリバティアイランドから相手4頭で、結果1、2、4、5、6着だから、世代の力関係はだいたい読めてたと思う。

で、冒頭の話になるけどインパクトあったねリバティアイランドの勝ち方は。
当日の内・前有利なトラックバイアスもあって、直線向いたときはさすがにヤバいんじゃないのと思ったけど、ちょっと次元が違ったなというかんじ。
ちょうど同じくらいの位置から追い込んだシンリョクカが6着でこの馬もよく伸びてるんだけど、リバティは上がり32.9秒だもんなぁ。

この舞台なら大きな不利がない限りおそらくリバティアイランドが勝つ。ただし筋肉の付き方や走りから見てマイラーの可能性が高い、オークスはわからない。
ってのが自分の桜花賞前のリバティアイランド評だったのだけど、ここまで絶対能力が違うと同世代なら距離もこなしてしまうかもしれないな。


ということで、大きなヒットではないけどこれで2週連続GI的中!
来週は舞台を移して中山で皐月賞。大混戦? ひょっとしたら「1強」かもよ? 本命は「あの馬」



単勝・複勝ランキング

theme : レース回顧
genre : ギャンブル

4月9日(日) 桜花賞(G1)予想

自分の周りの桜はほとんど散ってしまったけど、日曜は牝馬クラシック第1弾・桜花賞。
今年は1強VSその他という図式で、そんな中でどの馬を買うか。
予想いってみよう。



4月9日(日)
阪神 桜花賞(GI)



本命◎3.リバティアイランド

11.シンリョクカ

4.ドゥアイズ
5.ハーパー
9.コナコースト



本命◎は2歳女王リバティアイランド
まあ仕方ないかな。完成度ではこの馬が1頭抜けている。
阪神JFと同じ阪神1,600mで行われるから、桜花賞はやっぱり阪神JF上位馬がそのまま強いんよ。
土曜の芝レース見てても阪神は相変わらず内・前優位なトラックバイアス。
その中で内枠引いた運もある。ゴチャつくリスクはあれど、直線抜け出せばほぼ勝ち負けだからね。

限りなく本命に近い対抗が〇シンリョクカ
阪神JFの予想でも高い評価して騎手があれでも買い目に入れていたように、この馬の新馬戦のパフォーマンスにはかなり惚れている。
僅か2戦でスローペースもハイペースも経験済、ギリギリの出走決定だったとはいえ最初の予定通りの直行ローテ。
リバティアイランド相手に好勝負、あるいは逆転できるとしたらこの馬だけだろう。
ゴチャつく内を見ながらスムーズなレースして終いの脚を引き出せれば。

以下、相手に3頭。
阪神JF3着ドゥアイズは勝ちみに遅いが舞台、相手問わず堅実。阪神JFではわずかながらリバティより速い脚を使っており、世代上位の力は示している。
そのドゥアイズにクイーンCで先着して今回ルメール騎乗のハーパーも当然マークは必要。
コナコーストはチューリップ賞で一番強いレースして2着。この組からはこの馬だけでいいな。


大阪杯はいいい当たり方できなかったぶん、今週はビシッと決めたいな。


単勝・複勝ランキング


theme : 中央競馬(JRA)予想
genre : ギャンブル

大阪杯、当たったけれど

4月2日(日)

阪神 大阪杯(GI)

1着 9.ジャックドール
2着〇11.スターズオンアース
3着◎13.ダノンザキッド


2023大阪杯



あああ~~~~~~
ジャックドールにやられたぁー。


ワイド当たったけどゴール前で崩れ落ちたわ。
せっかく本命ダノンザキッドが狙い通りの好走してくれたのにな。
結果論だけど買い方悪かったかなぁ。本命対抗どちらも来てはいるのにな。
ちょっと今週は悔しすぎる。

ジャックドール逃げはいいとしても、これに続く番手がノースザワールドってのが誤算だった。
弱い馬が番手にいると逃げ馬としては楽だし、後続にとっては逆に邪魔。
マリアエレーナかノースブリッジが前につけると思ってたんだけどな。今回は隊列が大きくジャックドールに味方した印象だ。
消極的な騎手が多い中で、ダノンザキッド和生はよくやった。文句なしの好騎乗だよ。
ダノンザキッドは嚙み合えばもう1つ2つGI勝てる力ある馬なんだけど、ちょっとの運がないんだよな。


ちょっと消化不良感ある結果だったけど、この悔しさは来週晴らすことにする。
来週は牝馬クラシック・桜花賞! 注目はリバティアイランドと「あの馬」




単勝・複勝ランキング

theme : レース回顧
genre : ギャンブル

4月2日(日) 大阪杯(GI)予想

先週はおまけで取り上げたマーチS(GIII)を◎ウィリアムバローズ―ハヤブサナンデクンの馬連ワイド的中も、配当たいしたことなく高松宮記念の負け分を取り戻せず。
その高松宮記念は内枠有利で予想を組み立てたけど、当日降り続く雨で内の芝が悪くなってしまった。
◎ダディーズビビットも〇アグリも道悪に対応できず。しかしいまさらファストフォースに重い印付けるというのは難しかったな。
個人的には絶対に当てられないレースだった。

気を取り直して今週の予想に移る。
今週は阪神で大阪杯。昨年に続いて荒れる予感・・・? 予想いってみよう。



4月2日(日)
阪神 大阪杯(GI)


本命◎13.ダノンザキッド

11.スターズオンアース

2.マリアエレーナ
6.ヴェルトライゼンデ
14.ヒシイグアス


なかなかの好メンバーが集まった。人気拮抗、どこからでも狙えるメンバーな印象。
今回は穴になるが、◎ダノンザキッドから勝負する。
右回りのコーナリングが下手な弱点がある馬だが、阪神では(1,1,1,0)と馬券内率100% そのうち2戦がGIなのだからコース適性は十分。
中山ほどコーナーがキツくなく、直線の距離もあることが好走できている要因だろう。
香港C2着で今はマイルより2000m寄りの馬になっている印象もある。ここで久しぶりの勝利を挙げてほしい。

対抗2番手は2冠牝馬スターズオンアース
関東馬だが阪神芝は2戦走って1着3着。秋華賞はスタートで寄られて位置を悪くする不利、直線でも詰まりながらも勝ち馬と0.1秒差の3着で、内容的には同世代の牝馬の中では抜けて強かったといえる。
初めての年上の馬との対決、約半年ぶりのレースとハードルは高いが、まだ底を見せていない馬。ここでも期待できる。

以下、相手に3頭。
前走がまったく力を発揮できないまま終わったマリアエレーナ。内枠からスムーズに先行できれば上位は狙えるはず。
ヴェルトライゼンデは初の阪神コースだが父ドリームジャーニーが得意としたコースで合いそうなイメージはある。が、この馬はいつ走るかよくわからんところあるからな。川田だから押さえる、といったかんじ。
あとは前走で快勝したヒシイグアス。昨年の大阪杯とはデキが違うので、崩れることはないだろう。

ジャックドールは藤岡から解放されたのは好材料で少々考えたが、勝ちまで思い描けずGIでは足りないと思ってる。


単勝・複勝ランキング


theme : 中央競馬(JRA)予想
genre : ギャンブル

03 | 2023/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

マーD

Author:マーD
細々と一口馬主を続ける30代社会人。馬券師ときどき会社員

好きな現役馬:
サリオス
アリストテレス
デアリングタクト
シュネルマイスター
ダノンザキッド
ソダシ


馬選びの基準は血統、馬体、厩舎。

出資馬(現役):
セラフィナイト(18年産)


<引退>
フェイマスエンドほか





競馬 ブログランキングへ

最新記事
amazon
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スカウター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる